ブログ

「Thanks for having me」ってどういう意味?光が丘の生徒さんから質問

光が丘の生徒さんから質問がありました。

「Thanks for having me」ってどういう意味ですか?

「私を持ってくれてありがとう」ですか?

英会話って難しいですね。

一つの単語でいろいろな使い方をしますから。

光が丘の駅で階段を登れないおばあちゃんがいて、おぶって階段の上まで連れて行ったら、「Thanks for having me」って言われました!!ってことはないですよ。

パーティーに友達を招いたら、その方が来た時に「Thanks for having me」って言われました!!

これが正しい使われ方。

どういう意味かわかりました?

「呼んでくれてありがとう」「招いてくれてありがとう」って意味なんですよ。

ラジオでゲストで呼ばれた人や電話インタビューを受けた人がよく最後に「Thanks for having me」って言います。

パーティーやラジオ番組という空間に私を持って(置いて)くれてありがとうというニュアンスになります。

なので日本語に直すと、「呼んでくれてありがとう」「招いてくれてありがとう」になるんです。

こんな訳し方をしている辞書もありましたよ。
「Thanks for having me」=「どうもごちそうさまでした(パーティーなどで別れる時の言葉)」
英会話として大胆な訳し方だけど、ありだと思います。

光が丘のカフェでのレッスンの最後に、僕も生徒さんに「Thanks for having me」と言ってお別れしました。

関連記事

Comment are closed.
ページ上部へ戻る